ツァ・ディーレについて

ツァ・ディーレのこだわり

実はドイツは美食の国です。その証拠に、ミシュランで星を多く獲得しているレストランはフランスに次いでヨーロッパ2位です。
ツァ・ディーレは日本の皆さんにドイツ料理が「ソーセージとジャガイモ」だけじゃないことを伝えていきたい。
ドイツは伝統や自然を大切にしている国です。そんな国ドイツの料理だからツァ・ディーレはドイツで学んだ味を忠実に再現し、化学調味料も使いません。
肉、魚、野菜、全ての自然の恵みを大切にして、素材のおいしさを100%引き出すことが料理人の務めツァ・ディーレではそう考えています。

ツァ・ディーレの食材へのこだわり

ツァ・ディーレの食材は毎日、亀井料理長が仕入れています。
皆様に安心して口に運んでいただける料理を提供するために、新鮮で確かな食材を厳選しています。

美味しくて安全な"肉"へのこだわり  〜 三河 市ばん豚 〜

非常に清潔な農場で飼育されており、独自の給餌態勢で飼育されています。加工においてもHACCP(ハセップ)に対応しており、食品衛生の部分でも非常に優れた銘柄豚と言えるかと思います。
ツァ・ディーレではメインディッシュだけでなく、自家製ソーセージにも使用しています。

HACCP(ハセップ)とは
アメリカ航空宇宙局が高度な安全性を保障するために考え出した食品衛生管理の手法です。今までは最終製品に問題がなければ良しとしていたものを、各工程において生産的、科学的、物理的な危害をリストアップし、そこを重点的に管理することによって、製品の安全性を図る方法です。

三河 市ばん豚の特徴

写真:三河 市ばん豚

  1. 豚肉特有の臭いがなく風味がよい。
  2. マイロ、麦などの穀類を主体とした純植物性飼料飼育。
  3. 脂質の融点が低い。
  4. 肉・脂に甘みがある。
  5. 内臓肉に弾力があり、深みのある味
  6. あっさりしている。

"鮮度"へのこだわり  〜 本物のソーセージのために 〜

オーナーがドイツから帰国して食べた日本のソーセージは添加物で作られた食肉加工品でした。"ドイツのソーセージは肉料理である"本物のソーセージを楽しんでもらえるために素材からこだわっています。お肉の味を楽しんでもらうためには添加物は少なくしなければなりません。添加物が少なくても安全で、おいしく食られる料理を作るためには鮮度がとても重要になります。
そこで自ら足を運び食肉加工所を見学し、鮮度にとことんこだわって材料となる三河市ばん豚を選びました。

"地の食材"へのこだわり  〜 素晴らしいを当地の味を 〜

最近では「地産地消」と言う言葉も一般的になりましたが、ツァ・ディーレでも出来る限り「地(中京地区)」の食材を選んで使っています。
市ばん豚の他にも、三河湾で水揚げされた新鮮な魚介類や野菜など、東海地方には美味しい食材がたくさんあります。
お客様により新鮮で、当地の素材の味の素晴らしさを知っていただきたいという思いからのこだわりです。

ツァ・ディーレの調理へのこだわり

ツァ・ディーレでは、本場の味を楽しんでいただくために、メインディッシュから付け合わせまで調理法にこだわっています。

ザワークラウト

写真:ザワークラウト

柔らかな酸味が特長のキャベツのドイツ風漬け物です。
ツァ・ディーレのザワークラウトは、オーナーがドイツでの修行時代にお世話になった、ジーベケ家のおばあちゃんのレシピを元に作った本当のドイツの家庭の味です。

ドイツ風煮込み

写真:ドイツ風煮込み

ビール煮込み、黒こしょう煮込みやパプリカ煮込みなど、ドイツで学んだ味を忠実に再現しています。伝統を重んじながらも、研究を重ね、素材やソースにこだわり、さらにおいしいものを目指して調理しています。

自家製ソーセージ

写真:自家製ソーセージ

オーナーがドイツで修行をしてきたときのレシピを元に、25年間変わらずレストランで作られている。マジョラムという香草を使ったニュールンベルグ風のソーセージです。

自家製スモークサーモン

写真:自家製スモーク

塩分が控えめ、素材の味を大切にした自然な味わいの自家製スモークサーモンは、お刺身でも食べられる新鮮な食材を使用しています。
スモークすることにより、魚特有の臭みを抑え、うま味と風味が増すので、深い味わいを演出します。

ツァ・ディーレのドリンクへのこだわり

ツァ・ディーレでは、本場の味わいを楽しんでいただくために、ドイツのワイン、ビールなどを豊富に取り揃えています。
ビールもワインもオーナーとソムリエが飲んで「うまい」と思ったこだわりの銘柄をリストアップしています。

ドイツビール

写真:ドイツビール

ドイツビールは1516年にバイエルンで制定されたビール純粋令に基づいて現在でも製造されています。純粋令とは「ビールは水・麦芽・ホップのみ使って作ること」です。
ドイツビールの面白いところは、材料が同じなのに土地によって味がまったく違うこと。ツァ・ディーレでは個性豊かなドイツビールをたくさん取り揃えています。ドイツだけでなく、オーストリアのビールもお飲みいただけます。これほどのラインナップを一度に楽しめるお店は本場ドイツでも数少ないです。

ドイツワイン

写真:ドイツワイン

ドイツはワインを作るには適していません。北に位置しているため太陽が真上まで上がらないからです。しかし、土地の地形や気候をうまく利用してワイン造りに適したブドウを作っています。なかには、70度という急勾配にブドウ畑を作っている場所もあります。そのため機械を入れることが出来ず、ほとんどの作業を手作業で行うため、ドイツワインはとっても手間がかかるんです。

「ツァ・ディーレについて」の情報

ご予約・お問い合わせ

  • 「レストラン」に関する内容はこちら
  • 「ウェディング」に関する内容はこちら

ツァ・ディーレをもっと知りたい

「ツァ・ディーレのこだわり」素材のおいしさを100%引き出すために、食材や調理法、ドリンクなどにもこだわっています。

「ドイツ料理レストラン」一品から各種コースまでお好みに合わせて、お楽しみいただけます。

このページの先頭へ